庭の紅葉~♪

紅葉前線は北からゆっくりと南下を始めています。
紅葉の美しい季節到来ですね。
秋は 読書・食欲・スポーツの楽しめる時期でもあります。
でも世界の方々で地震や台風の被害がでていますね。
地球自体がなにか変わりつつあるのでは?なんて思ったりします。
ゆっくりと 庭の紅葉を 写していられる事は 幸せな事なのですね。
DSC02117.jpg
小さな鉢植えの赤い葉。
DSC02119.jpg
ブルーベリーの紅葉。
DSC02118.jpg
班入りの緑の葉が こんな色に変わりました。
TS3N06230001.jpg
今週のお気に入りの1枚です。

スポンサーサイト
     

感謝状を もらっちゃいました^^

昨日の出来事です。
郵便で 届いた包みを開けて びっくり!
赤十字から 感謝状が 届いたのです。
思わず 何故????

卒業証書 資格状は 持っているけど 感謝状は 初めてです。
DSC02120.jpg
平成24年度東京都赤十字大会 明治神宮会館10月3日!
そんな大会があったのね~。あは!旅行に出かけてました。
なんという会員でしょう^^
DSC021211.jpg
名簿の中に しっかり私の名が・・・!!
奉仕功労(銀粋)だそうです。

確かに 献血のお手伝いや 夏は バザー模擬店の収益金の募金は
数年 続けてきました。 
こんな微々たるボランティアを 赤十字の大きな組織が 記録してくれていた事に驚きです。
主人には 辞めさせたくない為の「馬にニンジンぶら下げ」だろ。言われましたが~

感謝状を ありがとうございます。
ほんの少しのボランティアですけど 人の役に立てる事で 
心が豊かになれるならと 思いますので 自分に出来る範囲で 
これからも 続けて行きたいと思ってしまいました。 
     

頑張ってる朝顔と ありがとう!緑のカーテン♪


10月21日に撮った朝顔です。真夏に元気が無くなったのに
秋になって 元気に咲いてます。今日も 3輪咲いてましたよ。
撮影日が 最高の咲きでした。あまりにも綺麗なので うっとり^^
DSC02067.jpg
陽が当ったら 色合いが変わってまた綺麗~♪西洋朝顔コーラルブルーです。
DSC02060.jpg
満開になった 秋明菊!
DSC02090.jpg
一斉に 太陽に向かって 同じ方向を向いているのが 凄いですね。
DSC02080.jpg
ゴーヤの緑のカーテンを 取りました。
DSC02081.jpg
暑い日差しを 遮ってくれたゴーヤと風船がずら!ありがとう~♪お疲れ様でした。
DSC012412.jpg
頑張っていた時の姿も もう1度 貼っておきますからね。
DSC02082.jpg
最後に残っていた 小さなゴーヤ。捨てたら 申し訳ないし・・・^^
DSC02083.jpg
クリームチーズと和えて ハープソルトで 味付けしました。赤いのはチリペッパー。
ほんのちょっとしか出来ませんでしたが^^
これで 食べつくしです。
DSC02085.jpg
雑草取りをしていたら 見つけたノースボールの芽。
こぼれ種から 芽を出したのですね。
ふかふか土のプランターに植えかえました。
丈夫な草花だから 大きく育つでしょう。
ノースボールは 押し花に便利です。

旅行から帰ってから 引きこもり生活をしているケイでした(笑)
     

台湾旅行4日目 最終章~♪

長くなってしまった旅日記!今日で終わりです。
もう1回だけお付き合いくださいね。

3泊4日のうち 2晩お世話になった圓山大飯店!門からのアプローチです。
DSC01845.jpg
そして全景。出発時間が9時半と遅かったので 散策して撮っておきました。

ゆっくり出発で最後の観光になります。
商売の神様が崇められ、多くの参拝客で賑わう行天宮でした。
DSC01985.jpg
日本とは違う雰囲気で、熱心にお参りしている現地の方々が とても印象的でした。
DSC01991.jpg
お供えも 華やかです。こちらも龍山寺と同じく
お供えしたものは、お参りがすんだら持ち帰ってもOKなんですよ。
DSC01989.jpg
おばあちゃん達の熱気が 凄いです。
線香の1本を香炉の中へ投げ入れます。ヤケドしそうでちょっと怖い…。
DSC01990.jpg

って 香炉の縁も 凄い熱さなので 
ちょっと火傷しました。
台湾土産の火傷ですね(笑)

DSC02000.jpg
行天宮の前で 記念写真!
DSC02017.jpg
空港に向かう前に ランチです。
「大戈壁蒙古烤肉」は モンゴリアンバーベキューレストランです。
DSC02012.jpg
牛肉、羊肉、豚肉、鶏肉などお肉、多種類の野菜、
10数種類のソースをセルフサービスバーで揃えていて、
自由にお好みの食材を組み合わせてから料理人に渡します。
DSC02013.jpg分厚い大きな鉄板で一気!炒めですね。
DSC02014.jpg
ジンギスカンみたい!モンゴリアンだから同じようなお料理ですよね^^
DSC02007.jpg
他にも たくさんのお料理が並んでました。

台湾での最後の食事だから
やっぱりつめ込んでしまいました(‘ ▽‘)ゞ


DSC02019.jpg

DSC02020.jpg

DSCF0276.jpg
帰りは15時発のエバー航空でした。

まだ台湾を 旅行していたいな^^
何だか 日本に
帰りたくなくなってきたんですけど…(笑)


そういえば 去年の香港は ブログで ちょっと愚痴っていましたね。

さて 夕食は 本当は 広東料理ディナーの筈だったのですが
オプション申し込み人数が足らず無しになってしまいました(泣)

95%は 中国本土から来た中国の方達。
景気が良いのでしょうか ドッと押し寄せてます。
声が大きい!並ばない!押してくる!マナーは???
押さないで!って 叫んじゃいました^^
1時間半 もみくちゃにされながら 待たされました。

2日間 中国の方々に 押されっぱなし^^
レストランでも お店でも 女人街でも 怒られてるみたい!
誰も 笑顔を向けたら 損!みたいな感じで 怖いのですもん(笑)
3日 離れただけで 日本の良さが わかりました^^
 

DSC02022.jpg
機内食は 久々なので 洋風をチョイス。
行きの飛行機で 途中まで見た「スパイダーマン」の 後半を見終わったら
成田に 到着となりました。

今回の旅は嫌な思いを全くせず 夫婦の楽しい思い出になりました。
すべてに恵まれていたようです。

素晴らしいガイドのガイドの除啓祥さん。
ご一緒したツアーの方々。
お留守番してくれた母。リリチャピ。
留守番している母を夕食に誘ってくれた娘夫婦。
ありがとう~♪

旅日記!思い出しながら 書いて行くのも 楽しいものですね。
長い日記になってしまいましたが
最後まで 読んで下さって ありがとうございました。




     

台湾旅行3日目♪鼎泰豐(デンタイフォン)と士林夜市

台北101の中にある鼎泰豐です。

『小籠包』は折り目が多ければ多いほど美味しいのだそうです。
それにはシェフの熟練の技術がなくてはならないのですね。
オープンキッチンでその技術を見せてくれています。
DSC01939.jpgDSC01938.jpg
くらげの前菜と台湾ビール
暑いからビール!
飲めるなら飲みたかったです^^

DSC01940.jpg
肉汁スープがたっぷり入っているので
薄い皮が破れないように レンゲに乗せて頂きます。
熱々で スープもたっぷり!
鼎泰豐の小籠包は 以前 タカシマヤで 食べた事があるのですけど
やっぱり本場の方が数段 美味しいです。
DSC01942.jpgDSC01943.jpg
酸辣湯(辛くて酸っぱいスープ)と また空心菜の炒め物^^
DSC01944.jpgDSC01946.jpg
米は一粒一粒がつやつやして、パラパラ、それにエビがたっぷり入っています。
DSC01947.jpgDSC01937.jpg
なんとデザートが 餡子の小籠包!あんまんがあるのだから
これもありですよね。甘さ控えめの餡子で 美味しいのにびっくり。
最後の晩なので また宴会状態でした。
混んでる鼎泰豐なのに 個室なのが 嬉しいですね。
でもね。ツアーの人達と いつもかたまっているのは どうかな^^
台湾の人達の空気を もっと肌で感じなくちゃ!

鼎泰豐の小籠包を 堪能した後 それぞれ解散!
士林夜市の散策に 行きました。
DSC01952.jpg
2002年ごろまでは違う場所にあったそうなのですが、
老朽化や衛生、消防面の問題があるということで、
しばらく仮の場へ移動していました。
この新しい士林市場がオープンしたのは昨年、
2011年の12月25日だそうです。案内板も綺麗です。
DSC01955.jpg
賑やかな通りは 台北の人々の熱気を肌で感じる事が出来そうです。

台北は 治安は良いのですけど
人ごみでは やっぱりスリに気を付けなくては いけません。
カメラで撮りながら歩いていたら すぐ観光客だって わかっちゃいますからね。
DSC01963.jpg
う~ん!美味しそうな果物がいっぱい。
DSC01954.jpg
ここでしか食べられなかったり、よりディープな食べ物があるのでしょうね~
DSC01953.jpg
串焼きに揚げ物?
DSC01961.jpg
金魚すくいじゃなくて エビ釣り?
すくったら 持って帰って 食べるのでしょうか?
DSC01960.jpg
ゲームの夜店。景品にキティちゃんがあったりして 日本のお祭りみたい・・・
DSC01957.jpg
雨が降っても大丈夫なアーケードもありました。
強引な客引きもないし(香港で凄かったけど)
台湾の穏やかなムード!いいなぁ~
DSC01956.jpg
台湾ではペットボトルの 買ったお水以外 飲めません。
外国は みんなそうですけどね。日本みたいに水道水が飲めるのは 幸せな事ですよ。
ガイドさんに 士林夜市の氷入り飲み物は 大丈夫ですか?と
聞いたところ 責任上 それは答えられないです。自己責任でね!って 言われました。
歩きまわって暑かったし・・・・
はい!飲みました(笑)金詰檸檬?さっぱりレモン味で 美味しい~~。
氷が 入っていると さらに美味しいです^^

その後・・・・大丈夫でした(笑)
DSC01959.jpg
新しい士林夜市では 火を使う屋台は皆地下一階に集めたそうです。
とりあえず地下一階に行ってみました。
地下には約100店舗の屋台が連ねています。
DSC01958.jpg
ここでしか食べられなかったり、よりディープな台湾を感じられたり、
夜市ならではの食や交流の楽しみが沢山あると思うのですが、
地下なので 臭豆腐や八角の匂いが鼻について 残念ながら ダメでした。

本当にほんとに、先に書いた美味しい小籠包をいっぱい食べて 
満腹状態だったし・・・・^^
DSC01964.jpg
でもね(笑)原味大香腸(ウインナーですよ)と 窯焼き胡椒肉まんを
テイクアウトして ホテルまで持ち帰りました。

深夜^^主人はビールで・・・
私は お茶で・・・
お味の程は まずくはないけど イマイチでした。
日本のウインナーの方が 美味しいです。


こうして 台湾最後の夜が 終わりました。

次回は 長くなった旅日記!やっと最終章です。
また見て下さいね。







     

台湾旅行3日目♪ 北投温泉と台北101

台湾3日目のまだ午後です。
またお付き合い下さいね^^

私達はツアーバスで行きましたが 
MRTに乗り、台北駅周辺から30~40分で行ける北投温泉です。
日本でも有名な玉川温泉と同じ効能があります。
DSC01912.jpg
お湯の温度は80~100℃!硫黄の匂いが鼻にツンと来ます。
このお湯に浸かるな!って警告してあるのだそうです。
いくら何でも こんな熱いお湯に入る人 いないと思うのですけど(笑)
DSC01910.jpg
温泉卵が すぐ出来そうですね(笑)硫黄に匂いと 熱気がさらに凄いです。
熱い空気が 伝わっていきますか~?
12.jpg
このレトロなレンガ作りの建物は
1913年に日本人によって、
建てられた北投温泉公共浴場です。
今は温泉博物館として
生まれ変わっています。


DSC01916.jpg
東アジア最大といわれた当時のまま残る大浴場は、一見するとこれってプール?
とツッコミたくなるほどの大きさ&深さです。
幅6メートルの長さ9メートルで一番深いところは130㎝もあるのです。
スロープになった湯船の入り口が、波の出るプールみたいですね。
ここは立ったままお湯につかる「立ち湯」で、ちょっぴり古代ローマ風です。
DSC01913.jpg
1階とはうって変わって和風作りの2階に広がる畳のお部屋です。
約20畳はあろうかと思われる和室にステージ?をみていると、
日本の統治時代 入浴後にここで、夕涼みをしながら
将棋や囲碁を楽しんだりしたそうです。
DSC01914.jpg
北投石は1915年に日本人学者の岡本要八郎氏によって、
発見されたもので、ラドンやラジウム、鉛、カルシウムなどを含む、
強い放射能をもつ鉱物です。
別名「薬石」とも呼ばれ、高い医療効果が得られるともいわれています。
北投石は温泉に含まれるラジウムやラドンなどが、
長い年月をかけて鉱物となった貴重なものなのです。

北投以外では、温泉治療で有名な日本の秋田の玉川温泉でも発見され、
どちらも国の天然記念物に指定されています。
DSC01918.jpg
これだけ良い効能の温泉を 
見学して歩いたのに 
足湯に入る時間もなかったのです!
残念~~~!
そうしたら北投温泉に進出している
加賀屋を見つけました。

次回は(笑)是非 泊って 温泉にも 浸かりたいです^^


3日目のツアーの観光は北投温泉で 終わりです。
なので 台湾最後の夜は 士林夜市を ぶらぶら歩きで 終わりかな。
台北101は 諦めようと思っていたのです。
そうしたら スーパーガイドの除啓祥さん!
「台北101と鼎泰豐(デンタイフォン)に行かないで 日本に帰ってしまったらダメ!!」
旅行社には内緒で 個人的に案内するから 全部行きなさい!ですって(*^ー^)v
なんと奥さんに頼んで チケットを先に買って待機。
鼎泰豐(デンタイフォン)も 待たないで済むように 予約を入れてくれたのです。
凄いガイドさんですね。台湾と 来てくれる観光客をこよなく愛してる感じです。
頭が下がる思いで 感動してしまいました。

結局 ツアー客全員 除啓祥さんに付いて来ました(笑) 
DSC01923.jpg
台北101です。あいにくの天気で 上の方は霞んで見えます。
写真におさめるのは 大変な高さです。苦労しました。
2007年ドバイのブルジュ・ハリファに抜かされるまでは、
世界一高いビルとしてギネスブックにも認定されていました。

台北101は ブログ友3人も旅日記を載せているのです。
同じところに行っているのも 楽しくなりますね。
詳しい説明はブログ友の方を見て下さいね。
とっても丁寧ですよ~
振ってしまってごめんです(´▽`;)(*_ _)ペコリ
michiさんのブログ やっこさんのブログ ココアさんのブログ 
DSC01924.jpg
入口にモニターがあって 映し出されます。
ハイポーズ!写真を撮られます。後で有料で売るらしいのですが
モニターに写しだされた時に 自分で写真をとってしまいました。
ちゃっかりしているケイです(笑)
DSC01926.jpg
エレベータのディスプレーです。
展望台のある89階
(地上382.2メートル)まで、
37秒で到達するのです。
天井には星空が現れ、
音楽が流れだし、別世界へ
上昇です。

ちなみにこのエレベーターは日本製で、
気圧制御システムが導入されているので、
上昇中に耳が痛くなりません。


DSC01929.jpg
無料の音声ガイド機を聞きながら 景色を眺めます。
DSC01932.jpg
徐々に暗くなって行き 街の明かりが 煌めきだします。
DSC01931.jpg
スカイツリーはまだ登っていないので
わかりませんが 東京より 夜景は地味かな?
でも高いところからの夜景は どこも綺麗ですね。
4c5c4d9c-s.jpg
この黄色の球体はダンパーっていうのです。
ビルの振動を吸収し、そのエネルギーを下のスプリングシステムに発散して、
台風や地震などによる揺れを解消してくれるのです。
重量800トンもあるのに驚きです。

残念ながら 91階の屋外展望台は悪天候のため 封鎖になっていました。
残念!出てみたかったです。

3日目の日記は 3回になってしまい自分でも呆れてます(笑)
でも~~ また見て下さいね。

次は鼎泰豐(デンタイフォン)で夕食と士林夜市です。
お楽しみに~^^ 
     

台湾旅行 3日目♪ 十ふん老街と九份散策~♪

3日目の朝です。
DSC01836.jpg
3日目は 朝から 夜遅くまで 周って 食べて フル回転でした^^
最初に行ったのは 台北からバスで1時間ほどの 十ふん老街です。
天燈あげで 有名なのですよ。(ネットより頂いた写真です)
DSC01856.jpg
お土産屋さん等が 並ぶ 街の真ん中を、平溪線の線路が通っているんです!
本数が少ないので、電車が通っちゃえば、そこは天燈あげ通りです。
f0189467_03650651.jpg
お願いする項目によって 色が違うのです。
私達が 選んだのは やっぱり赤!
健康と 平安にしました。
DSC01858.jpg
天燈に 主人が 色々 書き込んでいましたよ。
DSC0186111.jpgDSC018644.jpg
願い事を書き終わると、線路に出ていよいよ飛ばします。
燃料は油紙らしくて、店の人がそれに火をつけるとすぐ膨らんで来ました。
必ず記念写真タイムがあるます(笑)。
はいこっち向いて~~~~。
DSC01865.jpg
無事に 飛びましたo(〃'▽'〃)o 結構な火力です。街中なのに
大丈夫なのでしょうか?
DSC01866.jpg
空の彼方に 天燈は 飛んで行きました。撃沈しないで 良かった!!
それで 家族の健康は 大丈夫^^
DSC01869.jpg
いかにも レトロな十分駅です。
DSC01874.jpg
ローカル電車 平渓線に乗って 九份の近くまで行きます。
DSC01876.jpg
30分ローカル電車に 揺られました。なんと線路を人が歩いているのですよ。
電車が来ると どきますが 慌てていないのです。
天燈あげ通りも線路だったし 何とものんびりした平渓線でした。
DSC01879.jpg
九份 到着です。さすが人気の観光地ですね。凄い人出です。
DSC01880.jpgDSC01888.jpg
巨大なエリンギ焼きに 臭豆腐! 食べてみたいと 興味はありましたが
手が出せませんでした~(笑)
DSC01889.jpg
眺めてみたかった 九份の阿妹茶酒館です。
千と千尋のモデルだと言われている店ですよ。
阿妹茶酒館の店頭や周辺は、記念撮影を行う観光客で、凄く賑わっていました。
DSC01887.jpg
入り組んだ海岸線を一望できるテラス席は、天気が悪くなってしまったのにも
かかわらず 良い景色でした。
この後 すぐ昼食なので お茶とお菓子はパス(笑)
見学だけで ごめんなさい^^
DSC01901.jpg
あんなに天気が悪かったのに すぐ青空!九份は 天気が 変わりやすいです。
阿妹茶酒館の斜め向かいの 海悦楼で 昼食でした。
DSC01891.jpg
窓からは海の光景が見渡すことがで出来る九份郷土料理のお店です。
DSC01893.jpgDSC01894.jpg
海老とリンゴをドラゴンフルーツ    豚肉の冷製 
DSC01895.jpgDSC01896.jpg
クラゲの和え物         キャ!しいたけ(笑)
DSC01898.jpg
揚げイカと ピーナッツ ちょっと胃に悪そうだけど 美味しいの^^
DSC01897.jpg
揚げ豆腐の煮もの。 臭豆腐ではなかったのが 良かったのか 残念なのか^^
DSC01899.jpgDSC01900.jpg
白菜の漬物と お魚団子のスープ
DSC01903.jpg
お昼を 食べた後 長い石段を 下ります。
伊香保の石段温泉街みたいですね~^^

これから 午後の観光へ・・・・
中々 旅日記が 終われないです(笑)
また続きも 見て下さいね。
 
     

台湾旅行♪ 圓山大飯店にに2連泊!

圓山大飯店に 到着です。
台北旅行を考えた時には、このホテルに泊まりたいと思っていました。

14階建ての朱塗りの中国宮殿式建物で、台湾が世界に誇る格式あるホテルで、
台北のランドマーク的存在になっています。
外から見えるその姿は とても目立ってました。
ロビーには朱塗りの柱が林立し、床は分厚い絨毯が 敷かれ豪華そのものです。

とにかく広いです。その存在感に圧倒されるホテルでした。
安ツアーなのに こんなホテルに2連泊なんて~~(*^ー^)v
DSC01824.jpg
完全に別世界に迷い込んだような不思議な感覚です。
DSC01981.jpg
天井も豪華でキラキラですね。
DSCF0239.jpg
何処も赤!なのに ゆったりとした雰囲気がただよっています。
DSC01832.jpg
お部屋に続く廊下は 以外にシックな感じです。
DSC01830.jpg
ツアーによっては窓無しの部屋もありうると 聞いていたけど
バルコニー付きですよ。やったね^^
ひとり佇む主人~♪
DSC01829.jpg
両隣りの部屋が 空いていたのも ラッキー!
台北の街の夜景が 綺麗です。
DSC01827.jpgDSC01826.jpg
重厚な中国家具が どっしりと置かれていました。
DSC01831.jpg
ペアの台湾式浴衣?が 
可愛いです。。

ホテルで 少しのんびりした後は またお出かけ・・・
台湾に来たら是非体験したいのが、マッサージ!
日本の半額くらいで、マッサージが体験出来るのです。送迎付きですよ。

281d207a-s.jpg
ロイヤルガーデン(皇家緑地男女健康廣場)です。
DSC01835.jpgDSC01833.jpg
日本語も通じるし 清潔な個室でを 女性グループ 夫婦連れ それぞれ個室で
マッサージを 受けることが出来ます。

全身マッサージ(温湿布付)120分
ます数えきれないほどの 温かいタオルで 蒸してくれて
それからオイルを付けて 全身マッサージ!
始まった瞬間から、
極楽! !!!!!!!!!
至福の時間でした。

こうして2日目の台湾の日程が 終わりました。
まだ2日目!(笑)すみません。
盛り沢山に楽しく 周ったので 長くなりそうです。
旅は まだまだ続きます。

次は 十ふん老街散策と ローカル線 平渓線乗車体験
人気の九份散策になります。お楽しみにね~♪

     

台湾旅行2日目♪中正紀念堂と龍山寺。


昼食を終えてから行ったのは「中正紀念堂」です。中正とは蒋介石の事です。
DSC01784.jpg
約25万平方mという広大な敷地のなかには、
巨大な「紀念堂」と世界に誇る文化の殿堂「国家戯劇院」・「国家音楽廰」があります。
2007年には「中正紀念堂」から「台湾民主紀念館」へと名称変更。
その後再度改名し直し、現在は「中正紀念堂」の名に戻っています。
DSC01788.jpg
記念堂の天井は 総ヒノキ作りなのですって!
美しい~~!
DSC01789.jpg
ど~んと蒋介石の像が 座っていますよ。
この蒋介石 私は 名前は知っていたけど どういう人か 知らなかったのです。
現在の台湾の最初の総統なのですね。

日本人でも、ある一定の年代以上の人は全員知っている名前ですが、
今の若い人は 案外、知らない人が多いのかもしれません。
台湾の人は、もちろん、みんな知ってる名前です。

彼は権力争いに敗れて 中国大陸からやってきた人であり、
台湾出身の人の人たちから見れば、
侵略者としての一面も持っていたようです。
自分に反対する人たちを弾圧していた時代もあるので、嫌っている人も多いようです。
その微妙な感じは、戦前から今までの歴史の流れを 追わないと理解できないのですね。
ちょっと歴史を 調べてみたくなりました。

top.jpg
昨日見た慈湖に 撤去されて行き場のなくなった蒋介石の銅像が集められた公園が
ありました。
中正紀念堂と対照的でした。何故でしょうね?う~ん 解らないです??

観光の休憩は 楽しみにしていたマンゴかき氷・・・
DSC01780.jpg
思慕昔さんです。確かmichiaさんが食べたマンゴかき氷のお皿にも
思慕昔って 書いてあったような(笑)
DSCF00890.jpg
甘い完熟マンゴと 淡雪のようなかき氷が 絶品!
かき氷は 水の氷ではなく マンゴジュースも凍らせたものなのです。
メチャ旨っ!でした、ご馳走様。

次は龍山寺です。
DSC01798.jpg
ちょっと横のマンション?が 邪魔ですね(笑)

龍山寺は、台湾で最も古いお寺。多くの地元の人々が熱心に参拝に訪れています。
こちらのお寺は、仏様、観音様、台湾の神様「媽祖」などなど、
とにかくありとあらゆる神様がまつられています。

古くて良い雰囲気たっぷりの、いかにも台湾!という感じの素敵な場所です。
DSC01794.jpg

DSC01799.jpg
台湾のお寺の屋根には 龍が多いですね。
青空だったので 鮮やかな色彩の龍が 綺麗~!

DSC01796.jpg
お供え物もたくさんですが これは お参りが終わったら 持ってきた人が
持ち帰るそうです。勝手に持ち帰ったら バチが当たるので 拝借してしまう人は
いないそうです。
DSC01802.jpg

DSC01803.jpg
あまりに熱心に真剣にお祈りしているので
何故か このおばあ様を 追ってしまいました。
信仰心もないのに 観光気分の私が 参拝するのは
申し訳ないような気がしてしまいました。

境内にはお経を熱心に読んでいる人がたくさんいて、
台湾の人の信仰心の強さを実感しました。

DSC01806.jpg
次は お茶のお店です。
DSC01805.jpg
台湾お茶屋さんのお茶は、台湾で生産されているお茶(台湾茶)がほとんどです。
中国大陸のお茶(中国茶)は、プーアル茶を除くとあまり流通していません。
高山で摘まれる高山烏龍茶が爽やかさと深みを持っているそうです。
産地によって香りや味に違いがあり、標高の高いところのお茶ほど、
お値段が高くなるのですって。
ゆっくりと 試飲させて頂きました。

2日目の夕食は『欣葉』というお店で 台湾料理です。
DSC01809.jpgDSC01810.jpg
柔らかく煮込まれたお肉と 酢豚
DSC01811.jpg
イカとセロリの炒め物。
DSC01812.jpg
切干大根入り卵焼き。切干大根?って 思いましたが 意外な美味しさでした。
DSC01816.jpgDSC01814.jpg
定番の青菜炒めと 海老の唐揚げ。
DSC01817.jpg
あっさり優しい味の冬瓜のスープ。
DSC01815.jpg
最後はチャーハンです。
お料理は6人で 取り分けて食べました。
一人分ではありませんよ~^^

これだけ食べて満腹なのに カロリーが ちょっと怖いデザート(笑)
DSC01820.jpg
ピーナツを粉にしてまぶしたお餅。
おはぎみたいですね~
でも食べられるから 不思議。美味しかったですよ。
後が怖いけど・・・・(´▽`;)

こうして2日目も終了。ホテルに向かいます。

次回は 泊った圓山大飯店を 紹介しますね。
お楽しみに~~♪







 

     

台湾旅行2日目♪ 忠烈祠と故宮博物院

2日目の朝です。天気に恵まれて 綺麗な日の出!


今日の最初の観光は忠烈祠です。
忠烈祠はその名前からもわかるように、
辛亥革命、抗日戦争や中共との戦いで戦死した約33万人の
兵士の霊を祀っているところで 日本で例えると靖国神社みたいなところですね。

道路が 大渋滞で 9時半からの衛兵交代式に間に合うか 
ドキドキだったのですが ギリギリセーフ!間に合いました。

DSC01754.jpg
忠烈祠を守るこの衛兵たち、陸軍、海軍、空軍の三軍から選び抜かれたエリート兵で、
4ヶ月ごとに変わるのだそうです。
ビシッと揃った動作が かっこいいです。

DSC01758.jpg
私が 行った時は空軍(青色の制服)が警備にあたっていました。
モスグリーンの制服は陸軍で、白色の制服(夏服)は海軍だそうです。

DSCF0075.jpgDSCF0076.jpg
微動だにしませんよ。写真撮影は0Kだけど 触っちゃダメ!
見れば まだ幼さの残る若者です。暑い中 お疲れ様ですっ!

ですけど衛兵でも 若者でもあるので、非番時には女性に声をかけ、
日本からの観光客の若い女性をナンパし、遠距離交際している兵隊もいるらしいです。
ホント かな~~?

DSC01764.jpg
次は 故宮博物院です。
フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、ロシアのエルミタージュと並んで
世界四大博物館の1つに数えられています。

ところで、「故宮」とは「かつての宮殿」の意味だと知りました、
台湾には宮殿はなかったはずなのに、なぜ「故宮博物院」なのでしょうか。

また、どうして、中国歴代皇帝のコレクションが
今、台湾にあるのでしょう。

1931年以降、故宮の宝物は 戦禍を避けるために、上海や南京など
中国国内のあちこちを移動することを余儀なくされます。

そして、1949年、国共内戦に敗北した国民党政府が台湾へと
撤退する際に、総数約60万点余りの故宮の逸品を運び出しました。

その移動を知るだけでも、中国と台湾の歴史の一部を垣間見るようで、
故宮の宝物の数々は、いわば、歴史に翻弄された美術品とも
言えるかもしれません。(ガイドさん談^^)

カメラは禁止なので ネットより画像を頂きました。
Dscn6512_m.jpg
故宮博物院で最も有名なのが、「翠玉白菜」でですね。
翡翠に精巧な彫刻を施して作られたこの作品は、
翠玉巧彫の最高傑作と言われているそうです。
清朝の妃の嫁入り道具だったようで、
白菜は清廉潔白の象徴、白菜の葉の先端にとまっている
キリギリスは子孫繁栄の象徴だとか。
サムネイルで載せたので 興味ある方は 大きくしてみて下さいね。

18_K1G000182N000000000AA.jpg
私が 印象に残ったのがこれ。
オリーブの種の形を生かして彫刻してあって、船上には8人、
人物の動きや表情はそれぞれ違っているのですよ。
種は 小指の爪くらいしかないんです!
横に手天眼鏡があって 見ることが出来ました。
それに 船底には 300文字あまりが彫刻されているのです!!、
神業ですね。凄いです!

その時代 中国皇帝に 気に行ってもらって 登用してもらおうと
職人さん達は 競って 作品を 作ったそうです。

まだまだ紹介しきれないし
故宮博物院にいられたのは 1時間半!全然 時間が足りません。
もっといたかったわ~!
此処は 1日いても 飽きない場所でしょうね。

DSC01774.jpg
お昼は 金品茶樓で頂きました。
食べ物に興味ない方は スルーして下さいね(*^ー^)(*_ _)ペコリ

DSC01765.jpg
しゅうまいや 餃子は 千切りにした生姜と酢醤油で 頂きます。
DSC01766.jpg
台湾の名物小籠包!ジュワーとスープが たっぷり。美味しい~^^
DSC01771.jpg
やっぱり 空芯菜!美味しいです。
DSC01767.jpg
麺ですね。ラーメンに似ています。
DSC01770.jpg
干しエビのチャーハン。
DSC01773.jpg
デザートは もち米と小豆を使ったデザートでした。

お腹もいっぱいになったので 午後の観光に出かけます。

続きは 中正紀念堂と 龍山寺です。また見て下さいね。



 

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

rikokei

Author:rikokei
ケイのブログへようこそ~♪
主婦  夫 すでに結婚した娘 息子有り 孫3人。
すぐ夢中になる凝り性 でも 興味が無い事には記憶力なし(笑)
料理好きだけど片付けは嫌い^^。作る事は大好き。
他にも ピアノ 映画 スイーツ ガーデニング 旅行が好き。 
涙もろい。 ドライブ好き。
リリー&チャッピーとの ワンコライフも 楽しんでおります。
どうぞ、ゆっくりご覧下さいね。

過去のブログは リンクに 
爽やかに過ごしたい(過去ログ)
旧・爽やかに過ごしたい(livedoorブログ)が
貼ってあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR