秋の旅。日本の原風景 五箇山へ・・・・

同じ世界遺産の五箇山に向かう為に、
東海北陸自動車道の白川郷ICから五箇山ICまで進み 今夜のお宿に到着。
五箇山で たった1軒 わんこを受け入れてくれる よしのやさんです。
山のお宿ということで、夕飯には岩魚の塩焼き、
きのこや旬の野菜等 料理(深山料理?)に味わいがあり良かったです。
部屋は和室で年数相応で 建物が古いため足音は響きますが、
掃除は綺麗にされていました。

DSC03987.jpg

DSC03989.jpgDSC03990.jpg

DSC03991.jpgDSC03988.jpg
夕食の時の女将さんのお話。
「冬は 雪は降りますよ。でも大した事がないです。
積もるのは3m程ですから」3m!!じぇじぇ!!
「熊が出るとね。近所に放送が流れるのです」熊!!じぇじぇ!!
こうして2日目の夜が深けて行きました。

3日目の観光開始。
DSC03995.jpg
世界遺産 五箇山の合掌集落は大きく分けて、相倉地区と菅沼地区の2箇所あります。
私達は 相倉地区を訪れました。
戸数は27で、約60人の方々が 生活しているらしいです。

やや離れた所にありツアーでは、あまり行かない場所だそうです・・・ラッキーでした!
合掌造りは 100年から200年の建物が多く古いものは、
400年前に立てられてものもあるという事です。

素朴さが残る感激するほど 素晴らしい風景に出合ったので 見て下さいね。
DSC03996.jpg

DSC03997.jpg

DSC04000.jpg

DSC03999.jpg

DSC04004.jpg

DSC04003.jpg

DSC04010.jpg

DSC04005.jpg
庭先で 小豆を採集しているおばあさま。
了解を得て 撮らせて頂きました。

IMG_0111.jpg
ルンルン気分で歩いている私を 主人に後ろから撮られました(笑)
DSC04007.jpg
僕も いっぱい歩いたよ!byチャッピー

次は 車で15分程の所にある 国指定重要文化財の家「岩瀬家」に行きました。
DSC04028.jpg
日本で最大の5階建ての合掌作りの家です。
DSC04016.jpg
中に入ると 81歳のご当主が 囲炉裏で説明しながら お茶をふるまってくれます。

岩瀬家は 加賀藩の塩硝上煮役[えんしょうじょうにやく]を務めた家で
内部は総ケヤキ造りの5階建てで、3~5階は養蚕作業場。
明治時代までは35人もの大家族が暮らしていました。1階には、
加賀藩の巡視役人が宿泊した書院の間などもあります。

DSC04022.jpg
岩瀬家の総体は、間口14.5間(26.4m)・奥行き7間(12.7m)、高さ8間(14.4m)もあり、
大黒柱などは一尺(0.3m)角の欅を、また、24畳敷の出居の敷板にも全て欅材が使われ、
しかも釘を一切使わず、縄とねそで結び上げて造られています。

DSC04023.jpg
1階は書院作りの間。
DSC04018.jpg
上がるのが怖かった梯子階段です。
DSC04019.jpg

DSC04021.jpg
約300年前に、8年もの歳月を費やして建てられた合掌作り・・・
静かで歴史を感じてしまうひと時でした。

五箇山 道の駅上平「ささら館」
DSC04031.jpg
富山出身のワン友さんから 五箇山に行ったら 「ささら館」のいわな寿司が
是非食べてね。って 教えてもらったのです。
いわなが やっぱり新鮮です。都会では食べられない美味しさでした。

次回は 奥飛騨 新穂高で また素晴らしい景色に会いました。
また見て下さいね。 
スポンサーサイト

コメント

五箇山

五箇山もいいところですね~。
雪が3m、クマが出る・・・ってやっこには
とても住めないところです(^_^;)
しかもこの大きな合掌造りは、冬は天然の冷房が効いて
寒いのでしょうね。
こんなところで何百年も前から
ひっそりと暮らしていた平家の落人たち。
時代は変われど今なお、すごい忍耐力です。
岩魚は新鮮じゃないと、お刺身にできないそうですね。
渓流の味、最高だったでしょう!!

小豆を触ってられるのを見たら
実家が浮かびます
後ろに小芋ありますね

ここも良いとこe-420
テレビで見た覚えがあります
雪はビックリですけど 熊は叔母のところにも出るので
鈴持って歩かないと行けないですよ^^

こんなにいいとこだから 世界遺産になるのわかりますね
次も楽しみにしてます

素晴らしい~

今日は。
ケさんらしいきっちりとスケジュールが組まれ旅行ですね。

飛騨古川は行きませんでした。町並みが素敵とは聞いてましたが、
本当ですね。見せて頂いて嬉しかったです。
白川郷の展望台も雨で断念しました。
ここの景色もケイさんに見せて頂いてラッキー!!

私は生活の匂いのする町並みが好きなので、
お店も看板も車も気にならなかったです(笑)。

五箇山はいつか行ってみたい所です
囲炉裏の蒔のくべ方、独特ですね・・・。
蒔ですよね・・・。

五箇山いいですね。
行ってみたいところのひとつです。
これだけの合掌造りは圧巻です。
以前、横浜の三渓園に行った時に、
このような造りの屋根裏にのぼったのを思い出しました。
階段が急で怖かったです。
いわなずし美味しそう。

やっこさん~♪

五箇山は 主人は 真冬に行ってみたいと言っていましたが
さすがに 車で行くのは ちょっと 大変です(笑)
秋で 正解でした。
私も 寒さに弱いので 観光に行くならともかく
五箇山に住むのは 無理でしょうね~
スーパーも コンビニも ありませんでした^^

岩魚のお寿司は 珍しいでしょ。美味しかったですよ。

さとちゃん~♪

さとちゃんのご実家では
小豆も 小芋も 採れるのですか~?
さぞ 美味しいでしょうね。
叔母さんの所には 熊が出る??
何処v-356京都ですか!

五箇山も 良いところでしたよ。
やっぱりテレビで見て 行きたくなったのです^^

小米花さん~♪

こんばんはv-353
いつもながらの 欲張り旅行です(笑)

飛騨古川へ 足を伸ばしたので 高山は さん町と朝市しか
行かれませんでしたよ。
陣屋とかは 小米花さんのブログで 見せて頂きました^^ゞ

白川郷の後に 五箇山に行ったので 白川郷に人が多く感じて
しまったのでしょうね^^
五箇山は 静かな山里の感じでした。
素朴で 良いところでしたよ。

ココア さん~♪

五箇山は 良かったですよ。
ココアさんも 好みだと思います。
合掌作りの家を見て歩くだけで 飽きません。

横浜の三渓園にも 屋根裏まで 登れる家があるの?
日本一の 合掌作りに屋根裏までは かなりのはしご階段でしたよ。
松本城も 凄かったのを 思い出してしまいました^^

はい 京都です
京都の南丹市です 丹波とよく言いますねe-257
熊も出れば 鹿も猿も出るようですよ
自然の動物園みたいなe-330

さとちゃん~♪

京都も 広いのですね。
観光の古都もあるし
熊も 鹿も 猿の出るのですか~。
丹波というと 栗が 有名な所ですね。

五箇山

いいですね。
白川郷より、こちらの方がいいです。
あちらは、観光地化されてしまいました。
厳しい自然ですが、それに逆らわずに生きていく知恵ですね。
欲を出せば、欲のために苦しむことになります。
このような生活を見せられると、本当の豊かさを感じます。

mcnj さん~♪

白川郷は 観光客のすくなるなる真冬の雪景色で
見たくなりますました。
五箇山は お土産屋さんもありますが
その土地に住む人達の 生活も垣間見ることが出来ました。
大変な生活でしょうが 都会では味わえない豊かさが
あるのでしょうね。
でも 私には 住めないと思います^^
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

rikokei

Author:rikokei
ケイのブログへようこそ~♪
主婦  夫 すでに結婚した娘 息子有り 孫3人。
すぐ夢中になる凝り性 でも 興味が無い事には記憶力なし(笑)
料理好きだけど片付けは嫌い^^。作る事は大好き。
他にも ピアノ 映画 スイーツ ガーデニング 旅行が好き。 
涙もろい。 ドライブ好き。
リリー&チャッピーとの ワンコライフも 楽しんでおります。
どうぞ、ゆっくりご覧下さいね。

過去のブログは リンクに 
爽やかに過ごしたい(過去ログ)
旧・爽やかに過ごしたい(livedoorブログ)が
貼ってあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR