FC2ブログ

外装 塗り替えで 閉じこもり~♪

IMG_9482外塗2
外装塗り替えをしないで 十数年!
これ以上 放っておくと 家が傷んでしまうので
4月下旬より 我が家外装工事に入ってます。
1番天候の良い季節の筈が けっこう雨も多く 日程が 延びているようです。
IMG_9474.jpg
建物が 覆われてしまっているので うっとおしいです。
それに 塗料の匂いがするので 窓も開けられないの・・・
職人さんが 仕事をしているので 留守にする訳にも いかないですね。
IMG_9475.jpg
庭の草花も 覆われてしまう時もあるし 水遣りも 思うように行かず!
早く終わらないかな?
工事終了が待ち遠しいです・゜゜・(/。\)・゜゜・.

チャッピーの49日です。

IMG_947749チャッピー49日1
もうチャッピーの49日になりました。
49日は魂の行き先が定まらず、この世とあの世の間をさまようと言われているのですよね。
お星様になってからも 気配満載の我が家でした。
49日が 過ぎても ずっといるような気がしているケイです^^
リリーと並んでいるものね。
IMG_E9265.jpg
生まれた時から うちの子♡ リリーママとのツーショット。
li18416.jpg
こんな青年犬に育ちました。
IMG_4150416.jpg
シニア犬になっても こんな感じです。
IMG_4149416.jpg
シニア犬になっても 益々愛らしさは 変わらずイイ子でした。

18歳と7ヶ月と24日いつも傍にいてくれて よく頑張ったね。
たくさん褒めてあげたいチャッピーです。ありがとう♡♡♡



駒ヶ根の光前寺のしだれ桜と光苔~♪

2日目は 泊まった旅館で 教えてもらった 駒ヶ根の光前寺に
行きました。
千百年余りの歴史があり、長野県下屈指の大きなお寺で、天台宗別格本山。
境内全域が名勝庭園として国の文化財に指定されています。

高遠も桜が 満開なので 勧められましたが
以前 バスツアーで 行った事があるし 混雑も知っているのです。 
ツアーバスでも シャトルバスに乗り換えたり大変だったので
マイカーでは 無理かな?って 駒ヶ根の光前寺にして正解でした。
雪を株った駒ケ岳と 桜の美しさに 感動ですo(〃'▽'〃)o
IMG_6108.jpg
門前の枝垂れ桜が 7分咲きで 綺麗~♪
IMG_6138.jpg

IMG_6139.jpg
水仙も 活き活きと咲いてます。
IMG_6137.jpg

IMG_9429光前寺桜12

IMG_6135.jpg
ソメイヨシノではないでしょうか?薄いピンク色が 可愛いです。
IMG_6117.jpg
仁王門をくぐり、杉並木参道と三門を通り過ぎると荘厳な本堂が姿を現します。
静かな境内を散策しているだけで気分が落ち着きます。
凜とした空気に変わるのが 不思議ですね。
IMG_6116.jpg
苔!素敵ですね。
IMG_6113.jpg
光前寺には光苔が自生しています。参道に続く石垣のすき間で、
日光を反射して神秘的な光を放ってiいると聞いて 探しました。
見つけた!って撮りましたよ。写真でも わかりますか?
光ってますよ~
IMG_6118.jpg
南信州にある二重門の中では、最大の規模をもっている三門です。
IMG_6122.jpg
三重塔も 威厳がありますn。人出はそんなになくてゆっくりと周れました。 
IMG_6123.jpg
約700年程前、光前寺に早太郎という大変強い山犬が飼われていました。
早太郎は、ある村の人々を苦しめた怪物を退治しましたが、
早太郎も負傷して息を引き取ったそうです。
光前寺の本堂の横に、早太郎のお墓が祭られています。
犬は大昔から人間には極めて優しく、極めて大切な仲間だったことが解ります。
700年も 語り継がれる凄いわんこだったのね。早太郎お守りを 買いました。
IMG_6130.jpg
光前寺がこんなに美しいところだとは思いませんでした。
荘厳な雰囲気に包まれたお寺です。
また訪れたい場所が 増えました。

IMG_E9368.jpg
泊まった旅館 昼神温泉 はなや(絶景露天風呂と料理を愉しむ湯宿)です。
IMG_E94011.jpg
いつも旅行の時は チャッピーも一緒。
リリーのお守りを持ち歩いていましたが 今回から お守りが2つになりました。
リリチャピの遺骨と遺髪が ほんの少し入ってます。
布製なのは 将来 私のお棺に入れて貰う為(笑)
pageぁ昼神お風呂
貸切風呂が無料なのが嬉しいです。なにしろ大きさが半端ありません。
温泉も とろみある位の泉質で お肌すべすべのツルツルになりました。
IMG_E9381.jpg
嬉しいサービス。さっぱりします。
IMG_9382はなや前菜

pageはなや夕食1
pageはなや夕食2
pageはなや夕食3
IMG_9395.jpg
料理が美味しい!料理長のセンスの良さが感じられました。
熱々の出来たて 焼きたて 揚げたてのお料理は 嬉しいですね。
手打ちの蕎麦は蕎麦屋さんより美味しいと思います。

到着して驚いたのは、仲居さんや受付の男性?が5~6人、駐車場に出迎えに来てくれたことです。
大規模ではない旅館では、初めてのことでした。
建物は 普通の温泉旅館でしたが スタッフのおもてなしが 良かったです。

平成最後の春!1泊ですが 良い旅になりました。

昼神温泉 花桃の里へ~♪

妻籠宿から 車で40分位 長野県の南西部に位置する阿智村は、
知る人ぞ知る“花桃”の名所です。
「日本一の桃源郷」との呼び声も高く、例年4月上旬~5月中旬になると、
麓の方から少しずつ開花し始め、約10,000本の花桃が里を彩ります。

今年は 咲き具合が 例年より 遅いそうです
でも昼神温泉に入ると この美しさでした。
IMG_6080.jpg
桜も 遅れていて まだ満開!
花桃と桜の競演は 感動する程 綺麗です。
IMG_6083.jpg
青空 山風景 華やかな花桃!絶景です。
IMG_6087.jpg

IMG_6088.jpg

IMG_6089.jpg

IMG_6102.jpg

IMG_6103.jpg

IMG_E9374.jpg

IMG_E9414.jpg

IMG_E9429.jpg


IMG_E9375.jpg
泊まった昼神温泉 はなや(絶景露天風呂と料理を愉しむ湯宿) の入り口です
旅館のUPは 最後に回させて頂きますね。

次回は 駒ヶ根 光前寺の 枝垂れ桜を紹介します。 



木曽の旅 馬籠宿と妻籠宿編~♪

4月初めに チャッピーも一緒に 
蓼科のお気に入りペットホテルレジーナリゾートに
泊まって神代桜や その他の桜を見る予定だったのですけど
残念ながら 叶わず!
籠っていても 悲しいので 夫婦で1泊 出かけて来ました。
page妻籠宿桜
19日 朝7時に出発 中央道を 助手席に座ってのドライブです。
278キロの走行で 馬籠宿に到着。
綺麗な枝垂れ桜が 出迎えてくれました。
IMG_6009.jpg
江戸時代 京と江戸を結んでだ中山道は 全行程540キロに
69ヶ所の宿場があって そのうち11ヵ所が 木曽にあり 木曽路と呼ばれています。
IMG_6016.jpg
石畳と 坂道の宿場町。
水を汲みにくい場所に位置している為、当時火災が起きた時に対応ができなかったため、
焼失してしまったのが大部分ですが復元をして当時の面影を残しています。
お食事処やお土産屋さんも多く、観光地のイメージに近い活発な所です。
外国人観光客も 多く日本の情緒を楽しんでました
IMG_6008.jpg
朝早く出発したので お腹が空いたね。
早目のランチです。
IMG_6013.jpg
IMG_6014.jpg
蕎麦ランチセットには 五平餅も 付いて来ます。
太めの田舎蕎麦と この地方の丸い五平餅が 美味しかったです。
細くて白い更科蕎麦より 太くて 蕎麦香りがある田舎蕎麦が 好みのケイでした。
IMG_6028.jpg
お土産屋さん
IMG_6015.jpg
「民宿 但馬屋」です。
IMG_9355馬籠宿
懐かしい赤いポストと 小水力発電で 宿場内の照明に活用されている水車。
IMG_6021419.jpg
ふかふかに蒸されているおやきの 湯気に誘われて・・・
IMG_6019.jpg
よもぎと 野沢菜のおやき。美味しい~^^旅行になると 別腹がいくつも出来ます(笑)


IMG_6035.jpg
妻籠宿です。こちらは 桜と花桃が 出迎えて くれました。
妻籠宿~馬籠宿は10kmで当時の中山道を歩いて
2時間から3時間ほど ウォーキングがてら歩いている人が 多数います。

IMG_6038.jpg
妻籠宿に入って いきなりタイムスリップです。
日本で初めて町並保存に取り組んだ妻籠宿は、
街道沿いに江戸時代の家並を見事に保存、総面積も日本一です。
町を挙げて本気で保存に取り組んでいる姿勢が伺えます。
IMG_6073.jpg
妻籠の人たちは町並みを守るために家や土地を、
「売らない・貸さない・壊さない」
という3原則をつくり、ここで生活しながら、
江戸時代の町並みという貴重な財産を後世に伝えているのです。
IMG_6044.jpg
観光色があまり強くなく、そういう点でとても風情があると思います。
IMG_6054.jpg
映画のセットみたいに見えるけど 本物です。
IMG_6050.jpg
わらの 「とこっこ」秋は柿を入れ 冬食べる
食べたら 一輪挿しで 使うのです。
IMG_6056.jpg

IMG_6061.jpg
お櫃とか桶のお店が2軒
IMG_6058.jpg
木造の建物に心もほっこりします。
IMG_6068.jpg

IMG_6069.jpg
ここにも 水車。いいですね~

ゆっくりと歩きながら、見て周りました。
ここを歩いていると、昔の世界に行ったような不思議な気分を味わえました。
馬籠宿とセットで 両宿場町を歩いてみるのが お勧めです。

次回は 昼神温泉 花桃祭りです。
また見て下さいね。